HOME > ニュース > 最新情報 イベント情報 > 2022年度キャパシタフォーラム年次大会のご案内

ニュース

キャパシタ関連最新情報とコメント

イベント情報

2022年度キャパシタフォーラム年次大会のご案内

―講演者・講演内容等、直前まで変更になることがあります。
ご了承ください。
現時点の最新の案内をご覧ください。―

日時:2022年5月14日(土)10:00~17:30(9:30開場)
会場:ハイブリッド形式
  1.オンライン:”Zoom”利用
  2.会場:東京理科大学 野田キャンパス 7号館6階 講堂
プログラム
10:00-12:15
 堀洋一 氏 :キャパシタフォーラム会長 東京理科大学教授
  開会挨拶
 玉光賢次 氏:日本ケミコン株式会社 基礎研究センター センター長
  キャパシタを用いた太陽光発電電力回収効率向上
 玉浦裕 氏 :東京工業大学 名誉教授
  キャパシタ仕様太陽光追尾型PV発電福島県浪江町の紹介
 石川正司 氏:関西大学 化学生命工学部 教授 イノベーション創生センター センター長
  イオン液体を用いた高信頼性蓄電デバイス-宇宙・将来社会のために-
13:15-15:15
 井手一人 氏:トヨタ自動車株式会社 先端材料技術部 データ駆動・解析グループG
  電池材料開発におけるマテリアルインフォマティクスの適用
 Dr. Jun Yuan:中車新能源科技有限公司 Director of Cell R&D Department
  The EDLC and Hybrid Capacitor Development of CRRC New Energy
 三尾巧美氏:株式会社ジェイテクト 蓄電デバイス事業部 蓄電デバイス開発室 室長
  日野チームスガワラ ダカールハイブリッド車向け高耐熱リチウムイオンキャパシタモジュール
15:30-17:30
 山谷浩司 氏:日本ケミコン株式会社 技術本部 ソリューション開発部部長
  キャパシタアプリケーションと次世代キャパシタ
 安東信雄 氏:武蔵エナジーソリューションズ株式会社 開発部 部長
  リチウムイオンキャパシタの現在・過去・未来
Dr. Oliver Osters:Head of Cell Development, Skeleton Technologies
 Increasing energy density in ultracapacitors - Going beyond 10Wh/k

■参加費
・共催/協賛団体/招待者:無料
・一般参加:20,000円 ※当日までにキャパシタフォーラム入会の場合は無料
●共催
・キャパシタフォーラム
・東京理科大学
●協賛予定
・(公社)自動車技術会
・(公社)電気化学会 キャパシタ技術委員会
・(一社)電気学会 産業応用部門
■申し込み
・オンライン参加の方: 以下のフォームよりお申し込みください。5/10(火)まで
https://forms.gle/MFJ6V6Rn94uq87c37
”キャパシタフォーラム年次大会Zoom参加申込”のフォームが開けない場合は、他の端末・個人のスマホ等でお試しください。
それでも開けない場合は、メールで申込を受け付けますのでCF事務局までご連絡ください。

・現地参加の方: 下記フォーラム事務局へご連絡下さい。4/28(木)まで
■お問い合わせ
・CF事務局 E-mail : zimukyoku(a)capacitors-forum.org
(a)を@に変えてお出しください。
Web : http://capacitors-forum.org/
・なお、懇親会は開催いたしません。

cf20220514p.pdf

ページのTOPへ